自力整体の実技とは

自力整体の正式名称は自力整体整食整心法

自力整体は3つの柱で構成されています。

①自力整体の実技

②整食整

③整心法

体・食・心、この3つの柱は根っこのところで1つにつながっています。どこから入っていってもOKです。人それぞれに入りやすい道があります。

①体を整えたら、自然と食と心が整います⇒(自力整体の実技)

②食を整えたら、自然と心も体も整います⇒(整食法)

③心が整うと、自然と食も体も整います⇒(整心法)

私の自力整体サンプル動画です。

自力整体法=自力整体の実技について説明します!

自力整体の1つ目の柱=自力整体法=実技では、自分で動いて、自分の重みでほぐして、整体にして、楽に動ける姿勢・体型を作っていきます。私がナビゲートする自力整体のモットーは、心と体と日々と人生を美しく整えること&心と体のリフレッシュ&リラックスです。セルフチェック(診察)⇒セルフケア(治療)⇒排泄・浄化⇒治癒⇒日々のセルフチェックという流れを大切にしています。

①まずはセルフチェックから

今の姿勢と体の状態はいかがですか?!つまってませんか。ねじれてませんか?!冷えてませんか?!緊張してませんか?!

自力整体でセルフチェック

②セルフチェックできたら、次は実技でセルフケアです。

自力整体ではいろいろな動きをします。今は梅雨時・水毒の季節なので、目のケア、足指ほぐし、胸郭持ち上げ、湧泉踏み等の動きで、排泄力を高めて、むくみとりと潤い復活しています。自力整体は、ヨガでもストレッチでもない全く新しい整体法です。

③セルフケアできたら⇒排泄・浄化⇒治癒⇒セルフケア@日々の生活です。

自力整体実技90分間でセルフチェック(診察)⇒セルフケア(治療)をしたら、次は自力整体反応として大体30分後あるいは翌朝に排泄・浄化が起こります。自力整体実技をして、どんな変化・反応が自分の心身に起きているか、治癒しているかについて、日々の生活の中で自分観察=セルフチェックしながら過ごしていくことが、自力整体の真髄・醍醐味です。

【自力整体実技の実際についての説明】

自力整体の90分間実技の流れは3ステップです。

①筋肉と関節のちぢみをとって(整復)
②骨盤・頭蓋骨・胸郭のゆがみ&脊椎間のつまりをリセットして(矯正・整骨)
③キープ(整体・筋肉強化)する

自力整体の1つ1つの実技の流れも3ステップです。

①脱力して
②揺すりほぐして
③ブロック(こり・つまり・ちぢみ・ゆがみ)を解放する

【自力整体実技のポイント】

⇒『自力整体実技のポイント』1枚紙⇒https://www.jirikikko.com/jirikiseitainopoint.pdf

無理せず♪ ゆっくり気持ちよく♪ まず脱力♪

慣れてきたらできるだけ目を閉じて、頭を空っぽにして、自分の体を観察しながら、体の声を聴きながら、体を動かします。過剰になっている交感神経を静めて、治癒担当の副交感神経を優位にしていきます。目指すのはマインドフルネス、動く瞑想法のような感じです。ポイントは、息をつめずに、歯を食いしばらずに、自然呼吸で、無理せずゆっくり気持ちよく、脱力しながら、スローモーションのようにすることです。

・できるだけ空腹で♪ 満腹を避けて消化が終わった状態で♪

空腹のほうが体が動かしやすいです。体に対する気づきや感覚が鋭敏になるので、自分観察としての自力整体がしやすいです。その分、自力整体の効果が上がり、効果が長続きします。ただし、無理はしないでくださいね。適宜の水分補給はして大丈夫です。

【フルの自力整体メニューは90分間】

90分間の流れは、上半身ほぐし&下半身ほぐし(脱力)⇒骨盤調節(リセット)⇒姿勢調節(キープ)です。途中に5分間の休憩リラックスタイムがあります。自力整体実技をすると排泄力が高まるので、トイレに行きたくなったら我慢しないでくださいね。

週1回のフルの自力整体+毎日のプチ自力整体+呼吸法のセット実践がオススメです。

そして実技実践にプラスして、ふだんの生活で、行動習慣を整えていくことをオススメします。まずは整食法(できるだけ18時間断食)を実践して、睡眠力と排泄力をアップしていきましょう。

最新の自力整体実技では自力整体タオル=輪っかタオルが必需品です

輪っかタオルでセルフチェック
輪っかタオルを使ってウェストチェック

☆輪っかタオルは治療師の手☆

輪っかタオル
リアル教室体験の方に無料貸出しています。

長めと短め数持っていると重宝します☆

つくり方や使い方は、輪っかタオルのご案内のページで紹介しています。

②整食法とは?!
③整心法とは?!
④整眼法とは?!