「足指立ち」と「足指歩き」のための「浮き指直し」

足指直し

■自力整体ナビゲーター@東京の重本ちなみです。自力整体クラス日程や自力整体最新ニュースをお伝えしてます!

■10月の自力整体実技のテーマは、肺と腸と心を元気にすることです。そのために、出すものは出してすっきりして、新しくフレッシュなものを入れていけるように、楽に動ける姿勢と呼吸づくりを目指しています。

■最新の自力整体では、立つ時の「足指立ち」、歩く時の「足指歩き」をオススメしています。前足指で大地に踏み出して、後ろ足指で大地を蹴り出すという感じです。大切なのが足指力です。

■足指力をつけるために、夏から秋にかけて新しい実技が幾つか加わっています。そのなかのひとつをきょうはご紹介しますね。輪っかタオルを使った「浮き指直し」です。

浮き指直し

■まず左足の親指と人指し指の間に輪っかタオルを引っかけてから、右足も同じように引っかけます。

■次に輪っかタオルをひとねじりします。そうしたら、反発法の要領で、輪っかタオルのもう片方の端を両手でもって持ち上げます。

■真夏に撮った写真です。風呂上がりなので、ゆるんでとぼけた顔してますね。自宅ではいつもこんな感じで気楽にゆるゆるやってます。

■足底、特に足指、特に親指を大地に押しつけます。下半身は大地に向かい、上半身は天に伸び上がる感じです。息はつめないで、余裕があれば、そのまま左右にゆっくり揺すってみましょう。

■くわしくは矢上裕先生の『じりき通信2020年9月号』5ページを参照してください。

■10月の心と体を美しく整える自力整体教室(オンライン&リアル教室)でもナビゲートしますね。この秋、足指力をつけて、自然に確実に前に向けて歩く力をつけていきましょう。ご予約お問い合わせお待ちしています。

=========================

記事を読んでいただきありがとうございます。きょうもよい一日を!

=========================